思春期ニキビによい食べ物、よくない食べ物! | チルコレ

記事公開日: 2017/12/19
最終更新日: 2019/09/18 SatoKaede

思春期ニキビによい食べ物、よくない食べ物!

ニキビがなかなか治らなくて困っている人は少なくないと思います。そんな時は、普段のニキビケアに加えて食生活を見直してみましょう。この記事では、ニキビを治すために積極的に摂りたい食べ物と控えたい食べ物をご紹介します。ニキビがなかなか治らなくて困っている人は少なくないと思います。そんな時は、普段のニキビケアに加えて食生活を見直してみましょう。この記事では、ニキビを治すために積極的に摂りたい食べ物と控えたい食べ物をご紹介します。

  • 目次

食事でニキビケアはできるの?

普段、お子さんはどんなニキビケアを行っていますか?

多くのお子さんは、洗顔を中心にニキビケア用の化粧水や保湿剤などを使ってケアを行っているのではないでしょうか。

確かに、洗顔をはじめとしたスキンケアはニキビ改善に即効性があります。

洗顔料や化粧水の中には、ニキビの炎症を鎮めてくれる成分が配合されているものも多いので、「すぐにでもニキビを改善したい!」という時の心強い味方です。

ピックアップ記事

しかし、即効性のあるスキンケアだけでニキビケアを行うのはおすすめしません。

というのも、即効性のあるスキンケアだけでは、ニキビの予防までカバーできないからです。

思春期は、ニキビが次々とできてくる時期です。

ホルモンバランスの変化によってできるため、思春期ニキビはある程度は仕方のない部分もありますが、できることならニキビを少なくしてあげたいですよね。

そのために、まず体の内側からニキビができにくい環境を整えるようにしましょう。

食生活を見直すことで、体の内側からニキビ対策を行うことができます。

親御さんは普段からお子さんがどんなものを食べているかに注目して、よりニキビを作りにくい・ニキビを治しやすい食生活をサポートしてあげてください。

私たちの体は、普段食べたものでできています。

薬やスキンケアのように即効性はありませんが、食生活を改善することで徐々にニキビのできにくい体質・肌質へと近づけることができるので、無理のない範囲で毎日の食生活を変えていってみましょう。

思春期ニキビを治すために積極的に摂りたい食べ物!

では、ニキビを治す・予防するために積極的に摂りたい食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、ニキビに良いとされている栄養素を見ていきましょう。

ニキビに良いとされる栄養素には次のようなものがあります。

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンB2
  • ビタミンE
  • リコピン
  • ミネラル
  • 食物繊維

ビタミンA

ビタミンAは肌の新陳代謝を活発にしてくれる栄養素です。

ビタミンAが不足すると、古い角質がいつまでも肌に残ってしまい、それが原因で毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

ビタミンAはレバーやほうれん草、にんじんなどに多く含まれているので、食卓に取り入れてみてください。

ビタミンC

美肌成分として有名なビタミンCもニキビ改善に良いとされています。

皮脂の分泌を抑える効果や、炎症を鎮める効果、色素沈着を防ぐ効果などがあるので、ニキビだけでなくニキビ跡が気になるお子さんにもおすすめです。

ビタミンCは緑黄色野菜や果物に豊富に含まれています。

ビタミンB2

ビタミンB2は皮脂を分解する働きを持っている栄養素です。思春期ニキビの原因である皮脂を分解してくれるため、肌がベタベタする脂っぽいタイプの人には特におすすめの栄養素といえます。

豚肉や鶏肉、青魚や納豆に豊富に含まれているので、献立の主役にしてみましょう。

ビタミンE

ビタミンEは肌の抵抗力を高めてくれる栄養素です。非常に高い抗酸化作用があるため、肌を若々しく健やかに保つのを助けてくれます。

若々しく健やかな肌は、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しにくいので、ニキビができにくくなります。

アーモンドなどに豊富に含まれているので、毎日のおやつに手のひら1杯分のアーモンドを食べるよう提案してみてください。

リコピン

リコピンは、ビタミンEと同じような働きをする抗酸化物質です。しかし、その効果はビタミンEの100倍ともいわれています。

また、紫外線によるダメージから肌を守ってくれる働きもあるため、夏場など強い紫外線を浴びやすい時期は積極的に摂らせるようにしましょう。

トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどに多く含まれています。

ミネラル

ホルモンバランスを整え、肌の生まれ変わりを助けてくれる栄養素がミネラルです。

思春期ニキビはホルモンバランスの変化によってできるので、ホルモンバランスを整えてくれるミネラルは積極的に摂りたい栄養素の一つです。

牛乳やチーズ、海藻などに豊富に含まれています。

食物繊維

食物繊維は、おなかの調子を整えてくれる栄養素です。

便秘になると、腸内環境が悪化して、ニキビができやすくなってしまいます。

普段から野菜をたっぷり食べられる献立を用意して、食物繊維不足にならないようにしてあげてください。

特に食物繊維が豊富に含まれている野菜には、さつまいもやゴボウ、キノコ類などがあります。

思春期ニキビに悪い影響がある食べ物

では、思春期ニキビに悪い影響がある食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

思春期ニキビに悪い影響がある食べ物を避けることで、ニキビができたり悪化したりするのを防ぐことができるので、押さえておきましょう。

塩分・脂肪・糖分の多いもの

塩分が多い食べ物は、皮脂の分泌を多くさせるので控えさせてください。ハムやソーセージなどの加工食品や、スナック菓子などが挙げられます。

カフェイン

紅茶やコーヒーに含まれるカフェインは、皮脂の分泌を抑えてくれるビタミンB群の吸収を妨げます。

お子さんには、紅茶やコーヒーなどではなく、麦茶やルイボスティーといったノンカフェインの飲み物を飲ませるようにしましょう。

香辛料

コショウや唐辛子といった香辛料は、摂り過ぎないようにすることが重要です。

摂り過ぎは皮脂の分泌を促してしまうため、適量を使うようにしましょう。

栄養バランスの整った献立が大事

ニキビケアを考えるのであれば、栄養バランスの整った献立が理想です。

一汁三菜を基本に、肉や魚・野菜・主食をバランスよく組み合わせた献立を考えてみましょう。和風定食をイメージしてみてください。

献立を考えるときは、ぜひ旬の食材を使うようにしましょう。旬の食材は価格が安いだけでなく、旬でない時期よりも栄養豊富で味も良いのが特徴です。

ニキビケア・ニキビ予防には、栄養バランスの整った毎日の食事が必要です。しかし、毎日ニキビのことだけを考えて食事を作るのは忙しい親御さんにとってストレスになってしまうだけでなく、お子さんにとってもストレスになってしまいます。

ニキビをケアすることは確かに重要ですが、完璧を目指そうとせず、たまには親子でファストフードやスナック菓子を食べたりして、息抜きをすることも重要です。

無理のない範囲でニキビケアを考えた献立を毎日の生活に取り入れましょう。

特に男子は女子と比べてホルモンの関係で皮脂分泌が活発とされています。

なので、過剰な皮脂分泌を抑えてくれる炎症効果のあるビタミンC誘導体が入っている化粧水は、思春期のニキビケアに取り入れたいマストアイテムです。

しっかりニキビケアをしたい人向け!シーボディVCスターターセット

ビタミンCの200倍の効果があると言われている最新型ビタミンC誘導体VC200を開発しました。またお肌に優しく、無添加でできているのでおすすめです。ニキビケアを徹底的にしたいというお子さんに最適な、洗顔から保湿までできる商品となっています。

安心の30日間返金保証付で1週間のお試しで1,800円(税抜)

公式サイトはこちら

まとめ

薬や化粧品だけでは思うような効果が得られない場合、食生活を見直してみることでニキビケアがしやすくなることもあります。

お子さんがニキビに悩み始めたら、食事の面からもニキビケアをサポートしてあげましょう。

食事を見直すことで、より効果的にニキビができたり悪化したりするのを防ぐことができます。

思春期ニキビのケアには、親御さんの協力が必要不可欠です。

お子さんだけにニキビケアを任せきりにせず、できる範囲で親御さんもお子さんのニキビケアをサポートしてあげてください。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。