【子供の口臭】酸っぱい臭いがしたら要チェック!毎日の習慣に原因アリ | チルコレ

記事公開日: 2018/04/09
ytfreest

【子供の口臭】酸っぱい臭いがしたら要チェック!毎日の習慣に原因アリ

「子供の口臭が気になる」「酸っぱい臭いがし始めた」間違った歯みがきをしていれば、口臭が悪化してしまいます。

子供の気になる口臭を治すには、正しい歯みがきの方法を覚える必要がありますね。

毎日の歯みがきの方法を見直せば、子供の気になる口臭を治すことができるかもしれませんよ?

  • 目次

子供の口臭、酸っぱい臭いになり始めた

子供の気になる口臭にはいろんな種類があるのですが、まずは原因を知ることが大切です。

体調不良や年齢によるものなど、口臭が気になり始めるタイミングには個人差がある場合がありますが、基本的には歯みがきで解消することができます。

毎日の歯みがきを正しい方法で行えば、子供の口臭を改善することができるでしょう。口臭は子供に限らず誰でも自分で気づくことができないので、親御さんの協力が必要です。

小さな子供は遊んでいるときに顔を使づけて会話することが多いので、お友達から「口が臭い」とハッキリ言われてしまうことがあります。

子供は口臭を指摘されると、恥ずかしさからショックを受けてしまうので、子供の口臭に気付いたときは早めに対策しておきましょう。

子供の口臭はいじめの原因にもなってしまうので注意が必要です。ですが、親御さんが口臭のことを頻繁に言い過ぎてしまうと、デリケートな子供の心を傷つけてしまいます。

子供の口臭を治すのは親御さんの協力が必要ですが、子供が傷つかないように改善させることも大切なことですね。

口臭が酸っぱくなる原因って?

子供の口臭が酸っぱくなる原因は4つあります。

1つ目は口内の細菌が原因で、子供の口臭が酸っぱく感じることがあります。

口内の細菌は約300種類以上と言われていて、酸っぱい臭いを発するものだけでなく、生
ごみのような臭いや便臭を発するものあると言われています。

子供の口から酸っぱい臭いがするのは、唾液に含まれているタンパク質を口内の細菌が分解するとき発する臭いです。

酸っぱい臭いを発する細菌の量が多い子供は、口臭から酸っぱい臭いを感じることがあります。

2つ目は口内に残った食べ物のカスが原因で、子供の口臭が酸っぱいと感じることがあります。

歯みがきをしない子供や、正しい歯みがきをできていない子供は、口臭が酸っぱくなりやすいと言われています。

歯みがきをしない、または間違った歯みがきをしていると、酸っぱい臭いを発するだけでなく、虫歯や歯周病などの原因にもなってしまいます。

また、雑菌も繁殖しやすくなるので口内環境が悪くなり、口臭を悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。

3つ目は思春期による自律神経のバランスが原因で、口臭が酸っぱく感じる場合があります。

思春期の子供は自律神経のバランスが崩れやすく、口内を洗浄する効果のある唾液の分泌が減ってしまいます。

そのため口内の雑菌が繁殖してしまい、口臭が酸っぱくなることがあります。

雑菌が繁殖することで舌が白くなる舌苔(ぜったい)ができてしまい、さらに口臭を悪化させてしまう場合があります。

舌苔は歯ブラシで舌を磨くと取ることができますが、これは舌を傷つけてしまうので、子供が舌を磨いているようならすぐに止めさせましょう。

思春期の子供の口臭は、歯みがきをするだけでなく、ストレスや不安を緩和させることが大切です。毎日子供とコミュニケーションを取って、安心感を与えてあげましょう。

4つ目は口内の細菌や食べ物のカスではなく、体調不良が原因で口臭が酸っぱいと感じる場合があります。

風邪を引いたときや胃腸の調子が悪いときなどは、口臭が酸っぱくなってしまうことがあります。

体調が悪くなったときだけに口臭が気になる、酸っぱい臭いがするという場合は、何かしらの病気が原因の可能性があるので注意が必要です。

子供も口臭だけを気にするのではなく、体調を気にかけてあげることも大切ですね。

子供の健康状態は問題なく、正しい歯みがきをしているのに口臭が酸っぱいと感じるときは、専門家に相談してみるのも一つの手段です。

お近くの歯医クリニックでも良いのですが、病院によっては口臭外来という口臭専門の診察を行っているところもあります。

子供のことを考えて気になる口臭を改善してあげたいと考える親御さんは多いでしょう。

「子供の口臭を何とかしてあげたい」と思ったら、専門家に相談してみると良いかもしれませんね。

歯磨きがポイント!口臭ケア方法はこれ

子供の気になる口臭や酸っぱい臭いを改善するためには、正しい歯みがきで口臭ケアをすることがポイントです。

歯みがきは虫歯や歯周病の予防だけでなく、気になる口臭や酸っぱい臭いを改善する効果があります。

自宅で簡単にできる口臭ケアなので、正しい歯みがきを習慣づけましょう。正しい歯みがきのポイントは、歯みがきにかける時間とタイミングです。

小学生や中学生の子供は、歯みがきを面倒に感じて適当に済ませる場合が多いです。

5分程度の歯みがきではしっかりと汚れを取ることができないので、10分~15分を目安にしっかりと歯みがきをさせてあげてください。

高校生になると、学校に行く前の準備をしながら歯みがきをする子供は多いでしょう。

何かをしながらの歯みがきは、いくら時間をかけてもしっかり歯を磨くことができないので、準備を済ませてから歯みがきをさせてください。

歯みがきのタイミングは、食後30分以内の歯みがきは歯を痛めるので良くないと言われています。

食後の口内は細菌によって酸性になるため、歯のエナメル質が溶けやすくなっていて、歯みがきをすることで歯を傷つけてしまいます。

しかし、現状で歯に何の以上もなければ、食後すぐに歯みがきをした方が効果的です。

細菌のエサとなる汚れを取り除き、口内を清潔にすることができるので、食後30分以内の歯みがきは口臭ケアになりますね。

まとめ

子供の気になる口臭や酸っぱい臭いの主な原因は、間違った歯みがきをしていることです。

子供の口臭はいじめの原因にもなりかねないので、口臭も改善には親御さんの協力が必要であり、とても重要です。

子供も心を傷つけないように口臭ケアをしてあげることで、気になる口臭を予防・改善することができるでしょう。

また、口臭の原因には体調不良や、思春期による自律神経のバランスが関係している場合があります。

子供の口臭が気になるのはわかりますが、子供の体調や精神状態をしっかりと観察することも大切です。

子供としっかりコミュニケーションを取りつつ、口臭ケアを取り入れて、子供の気になる口臭や酸っぱい臭いを改善・予防してあげましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。